海外での挙式もおススメです

結婚するカップルの4割が海外挙式を検討

日本では経験できない、魅力のあふれる海外挙式が年々増加傾向にあります。ブライダル研究機関の2015年度の調査によると、海外挙式を検討したカップルは全体の4割で前年比5%増加。ここ7年間では最高を記録しました。実際に海外挙式したのは全体の1割ですが、近年は増加傾向が続いています。海外挙式が選択肢のひとつとして真剣に検討されるようになっています。
調査結果によると、海外で挙式したカップルのうち、最も多い選択理由が「憧れ」。異国の地で開放感を味わいながら永遠の愛を誓うことができ、一生の思い出として深く2人の心に刻まれることでしょう。2番目が「新婚旅行も一緒にできる」。せっかく海外に行くのですから、一緒に新婚旅行を兼ねた方が経済的ですし、挙式と旅行をまとめて計画できるので、別々にプランを立てるよりも時間と手間が少なくて済みます。

皆はどんな海外挙式を挙げているの?

では、具体的にはどんな場所が選ばれ、費用や参列者の人数などはどうなっているのでしょうか。
まず、海外挙式の情報入手の手段ですが、先の調査によると5割のカップルがインターネットで検索しています。手軽に広範囲な情報を収集できるのが最大の理由です。
人気の地域は1位がハワイ、2位がグアム、4位がヨーロッパ(フランス、イタリア、スペインなど)、4位がアジア(バリ、モルディブ、タヒチなど)、5位がオーストラリア。海外挙式を選ぶカップルはすでに海外旅行を経験していることが多いですが、参列する家族や親戚は海外に慣れていないこともあり、日本人観光客に利便性の高いハワイやグアムが多数を占めているようです。
挙式にかかる平均額は約200万円。挙式の列席者数は約10人で、主に家族や親しい友人と一緒に喜びを分かち合っています。

結婚式を身内のみで行うカップルが増えてきています。その内容は様々ですが主に結婚したことを親族にお披露目するお食事会というのが支流となっています。