会場はどこが良い?

家族婚に対応している式場

両家の親族や会社の人たちを大勢招待して、大きな披露宴会場で盛大に祝うタイプの結婚式が昔はもてはやされていましたよね。しかし、価値観の多様化や経済状況の変化によって、結婚式に対する認識も大きく変化しています。身内やごく親しい友人だけを呼んで行う、こじんまりとした結婚式をよしとする考え方が広がっていったのです。このような結婚式のことを家族婚と言います。結婚式場でも家族婚需要の高まりに合わせて、家族婚プランに対応したところが増えています。低価格で一通りの要素が揃っているので、利用しやすいのが特徴です。気になることがある場合はウエディングフェアに行って実際に見学できますし、担当者に話を聞いてもいいですね。

お寺や自宅で行う結婚式

挙式スタイルと言えば、今も昔もチャペルで行う教会式が圧倒的な人気を誇っています。しかし、若い世代を中心に伝統的な日本ならではの結婚式をしたい、という和婚に回帰する流れが生まれています。和婚は歴史的な価値も高く、パワースポットでもある神社で行われるのが主流です。その神社がまつっている神さまに見守られながら、夫婦の誓いを交わすのも素敵ですよね。でも、和風の結婚式は神社で行う神前式だけではありません。自宅か新郎新婦どちらかの菩提寺で行います。最近では仏前式に積極的なお寺もあるので、新郎新婦の菩提寺ではなくても、自分たちの気に入ったお寺で挙式をすることができるようになってきました。和婚ですが、ドレスでもいいのも特徴です。

結婚式を身内だけで行うと、両家がゆっくり食事をしながら落ち着いた雰囲気で楽しむことができます。そしてより一層親睦を深めることができるのです。