二人でしっかり話し合いましょう

結婚式を「諦める」「我慢する」なら挙げるのがお勧め

結婚式にお金をかけたくない。その分お金を貯めたい。最近、そんな意見をよく聞きます。
しかし、結婚式に憧れたことのない女性は稀です。綺麗な花嫁さんを見た時、自分もああなりたいと思ったことがある女性は多いでしょう。
お金を貯めたいから。式をするにはちょっと年齢が上だから。授かってからの結婚だから。式をためらう理由は様々です。
しかし、気持ちの中に「諦める」や「我慢する」がちょっとでもあると後の後悔に繋がります。
結婚式は後でやればいい、という類のものではありません。お金の問題。年齢の問題。時間が経てば経つほど「やっぱり結婚式をしたい」と思った時にできなくなります。男性には結婚式にこだわりのない人もいるようですが、ぜひパートナーの意見をしっかり聞いてほしいと思います。
本当にやりたい気持ちがないのかどうか。後悔する可能性があるなら挙式をお勧めします。

挙式で節約する方法もあります

我慢するくらいなら挙式をお勧めしましたが、派手にやる必要はありません。結婚式はゲストをお招きすることが多いですが、二人の門出を祝うものです。身内だけの挙式や親しい友人を呼んでパーティーのような挙式、二人だけの挙式など、費用を抑える挙式スタイルはあります。
挙げるのをためらう理由が心にある時、大勢の人を呼んで派手に挙げるのは抵抗があると思います。
最近の結婚式には様々な形があります。
お金が気になれば少人数での挙式。身重なら安定期に入ってから友人たちと楽しく挙式。年齢が気になるなら親族だけの挙式など。
結婚式はお披露目の意味で親の名前で招待状を出すことが多いのですが、身内だけの挙式なら結婚する二人が自分たちの身内を招くという形で自分たちの名前で招待状を出すのも心意気が伝わりそうですね。
二人でしっかり話し合って、自分たちの予算も気持ちも満足できる結婚式を挙げてください。

結婚式には友人も呼ばなければいけないイメージがありますが、最近では親族で結婚式をするカップルも増えています。