大きな式とアットホームな式

大規模な結婚式は準備を早めに

結婚式にはいろいろな形式がありますが、たくさんの招待客を招いて盛大に行う形式がひとつの例です。親族や友人だけではなく、勤務先の関係者も招くと数百人規模の結婚式になることはめずらしくありません。規模が大きな結婚式を想定しているなら、早めの準備がとても大切です。招待客が多いほど、会場の選択肢が少なくなる傾向があります。そのため、予約が集中する時期には自分が希望する日に結婚式ができない可能性があります。また、出席者の確定や引き出物の用意にも時間がかかる傾向があるので、早めの対応は本当に大切です。結婚式までのスケジュール進行については、式場のウェディングプランナーが心強い味方になります。どんどん相談してステキな結婚式にしましょう。

小規模な結婚式も魅力的

大規模な結婚式もよいものですが、近年では小規模な結婚式も注目を集めています。両家の親族のみを招待する結婚式は「家族婚」とも呼ばれています。このような形式の場合、出席者が限られるため結婚式場の選択肢はかなり豊富です。大型ホテルを利用できるのはもちろん、宗教的な儀式にこだわらないのであれば、レストランなどを貸し切りにしてもかまいません。一般的な形式の結婚式とは異なり、新郎新婦が配偶者の親族としっかりコミュニケーションできるメリットがあります。最も小規模な結婚式として、新郎新婦のふたりだけで行うパターンも注目です。この場合、海外のチャペルを予約する例もあります。両家の親族へのあいさつは、後日、食事会などを開催するとよいでしょう。

結婚式を親族だけですると挙式や食事会のスタイルを自分なりに決めることができます。定番のフォーマルドレスも用意してくれるのでゴージャスです。